« 「市民の目」と「社会の目」 | トップページ | こだわり・・・議会質問のこと »

2006年9月12日 (火)

議会質問の最終校

先日のブログで議会質問の「聞き取り」のことを書きました。ついでに聞き取りという事前通告は議会のルールとも書きましたが・・自分自身がよく理解(もしくは納得)してないことはしたり顔で語るもんじゃないと・・今日は思い知りました。

何のこと? この文章を読まれた方は、こんな書き出しではわかんないですよね。分かるのはTさんとSさんかな・・・今日はよく分からん議論を1時間以上やっちゃいました。

疲れましたが・・・結果として今夜、質問原稿の最終校が書きあがりました。

しかしあの議論はなんだったのか・・・僕は信用されてないのかな・・つまらん思いに駆られたりしました。

話は変わりますが、今日から9月議会の本会議質問が始まりました。私の出番は14日の10時からです。本会議場で議員と対峙してひな壇に並ぶ理事者は市長以下助役・教育長・各部の部長らです。消防長もいる常勤監査役もと説明すると込み入ってきますので、とりあえず部長以上の役職の方々がいるわけです。

議員の質問に答えるのも部長以上の役職の「理事者」です。しかし、質問の答弁を書くのはひな壇に並ぶ理事者ではないようです。もちろん再質問等の事前に用意できない答弁は、市長にしても各担当部長もその場で自分で考えて応えますが、議員の質問は事前通告しているので事前に用意される答弁は各担当課で準備されることになります。

たまに正直な部長が「4月に着任したばかりで担当案件だが詳しく分からない」なんてセリフが出たりして・・・。でもそれてヤッパおかしいよね。

しかし、質問してる議員が分かってなかったりもあるから・・アリか!

ドラマ『結婚できない男』・・・おもしろいですね。結構笑えます。このドラマを見て気晴らしをしてから今回の議会質問の最終校を仕上げました。

|

« 「市民の目」と「社会の目」 | トップページ | こだわり・・・議会質問のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89680/3421309

この記事へのトラックバック一覧です: 議会質問の最終校:

« 「市民の目」と「社会の目」 | トップページ | こだわり・・・議会質問のこと »