« 国防と外交以外・・・ | トップページ | 別なこだわり―些細なこと― »

2006年10月29日 (日)

議員の仕事

市議会議員になる前に、議員の仕事を漠然と想像した。実際、自分自身が市議会議員になって3年半、想像と同様であったこともあるが、想像とまったく違ったことのほうが多い。その中でも特に感じたのは「行政立案への関与」である。

国会でもよく言われることだが、議員立法と呼べる法案が少なすぎるということだ。地方議会においても事情は国会と大差ない。もちろん、そんな批判に答えてか以前より各地方議会では議員自身による「条例提案」が現れているし、そうあろうとの議論も活発になってきている。

来年四月に施行される地方自治法の改正は地方分権の論議の流れの中で進められたものだが、地方議会関係で織り込まれた「議長による議会開催の申し出の制度化」・・議会の開催権は市長にあるのです。ご存知でしたか・・・「議会委員会の議案提案権」といったものはまさに地方議会・議員自身の変革が問われていると言えます。

法律(地方自治法)は十分とは言えないまでも来春変わる。しかし、本当に時代を変えるのは「法律」ではなく人間だ!仕事をする人間、役割を果たす人間がいて、はじめて時代が変わる。

たいそうな話をしていますが、小さいことからはじめようと思い「行政提案」を一件、HPの議員日誌に今夜掲載しました。まだまだ稚拙で思いつきのたぐいと言われるかもしれませんが、市議会議員になって3年半、議員になる前に自分自身が考えていた議員の仕事をひとつからでも果たしたいと思うのです。

|

« 国防と外交以外・・・ | トップページ | 別なこだわり―些細なこと― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89680/4001132

この記事へのトラックバック一覧です: 議員の仕事:

« 国防と外交以外・・・ | トップページ | 別なこだわり―些細なこと― »