« 調査特別委員会 | トップページ | 常任委員会と議員活動 »

2007年1月 2日 (火)

調べるとは・・・?

年があらたまりましたが、前回に続き調査特別委員会についてです。

調査特別委員会は1221日の第1回をかわきりに、第2回(25日)第3(27)4(28)5(29)と連日開催されました。

12月29日午後2時に新居浜市からの「被害届け」が新居浜警察署に出された事により、今後は警察当局による事件究明が進められる運びとなりました。司直の手にその解明がゆだねられた以上、内容に触れる記述は慎重にならざるおえませんが・・・

何故、今になって被害届か・・・12月19日の記者会見はなんだったのか・・・

これは私自身からの問いかけではなく、私へ市民が問いかけた言葉です。そしてその言葉のあとには新居浜市長を代表とする新居浜市への対応に批判的な言葉が続きました。これらの批判が29日の被害届提出によってすべて解消するのか・・たぶん答えは『否』でしょう。

駅前区画整理事業全般に対する、批判や冷ややかな市民の目が今回の事件により具体的な言葉となって噴出した感があります。御用納め(28日)後の第5回調査特別委員会(29日午後4時)の開催通知は開催4時間前の電話連絡でした。市民感覚からすれば「緊急開催をした、ただそれだけの事」でしょうが・・議会も真剣だとご理解いただきたい。

しかし、今後の展開が分からない。調査特別委員会のメンバーである私がこんなことを書いては何方かにお叱りを受けるかもしれませんが・・・先が読めません。もちろん先に書いたとおり警察の手に捜査が移ったという意味合いもあってのことですが、市議会の調査特別委員会とは何かという基本的な枠組みとも関係しているのです。

最後に、今回の愛媛新聞の調査と報道は地方紙としての情報収集の細やかさ以上に担当記者各位の粘り強い調査姿勢があったからこそとの感想を記し、あらためて敬意を表しておきます。

|

« 調査特別委員会 | トップページ | 常任委員会と議員活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 調査特別委員会 | トップページ | 常任委員会と議員活動 »