« 立春の雪 | トップページ | 傍聴の感想 »

2008年2月11日 (月)

行政と民意

元旦のブログで触れた岩国市の市長選挙が昨日行われた。結果は報道のとおりである。

「行政の施策」と「民意の反映」は<決して勝ち負けを競うものではない>そんな思いで元旦の文章を私は書きました。

ですから、昨日の選挙結果を取り上げてのコメントは差し控えますが・・・岩国市民の方々のさまざまな思いは日本人全体が同じように感じないといけないように思います。

高知県の東洋町のことが、朝日新聞の連載記事「地域格差に挑む」に2月の8日と11日(愛媛県内の発行分)に出ていました。<行政運営の透明性>についてとても参考になる記事と思います。東洋町の現在の町長と従来の役場のあり方とのすれ違いというか感覚のずれについてある方からお聞きしたことがありますが・・・どのように修正もしくは修復されていくのか、行ったのか・・・興味がわくところです。

興味という言葉は不謹慎かな・・・しかし結婚生活で言えば「出会いがしら事故」これも不謹慎な表現ですが・・・みたいなもので、お互いの気心が知れてスムーズに事が運ぶためには何度かケンカもしないといかんと思います。

|

« 立春の雪 | トップページ | 傍聴の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 立春の雪 | トップページ | 傍聴の感想 »