« カブトムシ | トップページ | 久しぶりにメールが来た »

2008年8月17日 (日)

首長選挙

今年11月に、任期満了による新居浜市の市長選挙がある。先日の選挙管理委員会で、日程は11月2日告示、9日投票の日程と決まった。

私は現在この市長選に向けて次の新居浜市長を目指す方、御二人(現在、私が知る限りでは2名です)の『新居浜市の将来へのビジョンや政策』を有権者である新居浜市民が直接聞く場を創ろうと努力中です。

具体的にはお二人の話を同時に同じ場所で、一人でも多くの市民が聞く場を開催するということです。幸いこの計画は賛同する方も多く、『今の時代、政策で首長を選ぶのは当然』との声が市民の方から返ってきます。

しかし、そんな市民の声とは別に行政サイドや議員の中から開催を疑問視する言葉が聞こえたりします・・・行政サイドというのは多くは「公職選挙法」の規制に関連してです。これは予想以上でした。有権者である市民自身が自分の生活や街の将来に直結する市長を選ぶための判断材料を直接目にする・耳にする機会を作ることに公職選挙法の規制がかかるとは・・法律と時代の動きとのギャップはあると理屈では理解しても・・やはり?と!です。

議員からの疑問は、開催主体の公平性であり運営の中立性に端を発しているといえます。もちろん私もこの計画を進めるに当たってまずこの点が重要と認識しています。しかし、計画を進めるにつれ「思い込み」「勘違い」も含め・・・いろんな事を取りざたするもんだと感心しました。

いずれにしても『新しい試み』というものは越えなければいけないハードルが幾つも幾つもわいて出るものだと再認識しています。

息切れせずに、へこたれずに・・・初心の『市民のための首長選挙』を実現したいと思っています。

具体的なスケジュールや内容を早い時期に市民の皆様にお知らせしたいものです。

|

« カブトムシ | トップページ | 久しぶりにメールが来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カブトムシ | トップページ | 久しぶりにメールが来た »