« とうどおくり | トップページ | 立春 »

2009年1月18日 (日)

研修の合間

Ma340011 Ma340012

担当の檀家の皆様への「年賀」の案内がようやく終わり、瑞応寺にお伺いした。先週降った雪が法堂の軒先にまだ消えずに残っていた。南に四国の山々を背負った山すその立地ゆえ新居浜市上部の住宅地より冬の冷たさが厳しい。暦の大寒を前にして19日から恒例の寒行托鉢が始まる、今年の冬安居の雲水は20名とのこと、風邪などひかず無事修行が終わらんことを希望する。永平寺ほどの寒さでないにしろ修行の雲水さん達の中には、体になれぬ精進だけの食事と寒さによる体力消耗や栄養不足からか体調を悪くされる方が冬の安居の方が夏安居より多いと聞きました。

私はこの土・日を挟んで二つの特別委員会の調査研修に出かけている。14日~16日が議会改革調査特別委員会、19日~21日が行財政調査特別委員会。いずれの委員会も3月議会に向けての報告・提言を急ぎまとめていかねばならない、私個人の研修報告がまずだが・・21年度はじめて設置する「予算委員会」の運営等・・議会内の合意形成が早急に求められており、追いかけれるように毎日が過ぎています。

瑞応寺の帰り、えんとつ山に登った。先客がお一人・・お聞きすれば十数年ぶりとか、お年は私より幾つか年上にお見受けした。えんとつ山の思い出は皆さんそれぞれにお持ちなんだとあらためて感じた。新居浜の街を、ここで生まれた私達を、そして新居浜で暮らす全ての人たちを120年にわたって見つめてきた「赤レンガのえんとつ」の存在は奇跡じゃないかな・・・Ma340020 Ma340024

|

« とうどおくり | トップページ | 立春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とうどおくり | トップページ | 立春 »