« 山仕事 | トップページ | 瀬戸の夕暮れ »

2009年2月26日 (木)

要員管理

先日、個人研修の計画をくみ、大阪府の堺市へお伺いした。

堺市の要員管理計画が気になったのと、オンデマンドバス実施試験に関心を持ったからである。オンデマンドバス実施試験については昨年10月・11月の実施レポートが国土交通省へ提出前と言うことでお話はおうかがい出来なかったが・・・東京大学のオンデマンドバス実験や早稲田大学開発の電気バス等調べのきっかけを頂く出会いになった。

「要員」とは、常勤正規職員だけではなく非常勤職員や短期臨時職員なども含む最もふさ
わしい雇用形態で、業務執行に必要かつ最小限の人的手段を意味します。

つまり、従来私が議会質問で取り上げ、提案していた、正規職員だけを対象とした定員管理ではなく正規・非正規を問わず総体の人員の雇用管理計画と同様なアプローチです。その内容については、現時点では期待していたほどのものではないと申し上げる次第でしたが、要員管理と言う発想を役所の人事計画に持ち込めるのだとの確証は得ることが出来ました。

まだ寒い朝が続きますが・・・沈丁花が咲き、白木蓮のつぼみも膨らんできています。

Ma340020 Ma340021 Ma340022

堺は岸和田と同様なだんじりがある祭りだと知りました。

Ma340017 Ma340019

|

« 山仕事 | トップページ | 瀬戸の夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山仕事 | トップページ | 瀬戸の夕暮れ »