« えんとつ山入口 | トップページ | 自動車専用道路 »

2009年5月 1日 (金)

批評すること、評価すること

「評判になる」と聞いて皆さんはプラスイメージを思い浮かべますか・・?それともマイナスイメージを思い浮かべますか・・?

最近のテレビの報道など見るにつけ、テレビに取り上げられることの「怖さ」見たいなものを考えらされます。それはテレビをはじめとするマスメディアに限らず、現在はインターネットによる個人の発信源に由来する情報(ユーチューブ・ブログ等々)とかも同様の危うさがあります。それらの機能をプラスに評価するか、マイナスに評価してしまうか・・・

いずれにしてもその機能を操作する「人間」の思惑や思い込みで一方的な批評が流れるとしたら困ったことですし、怖いことです。人間社会の出来事として捉えれば「不可抗力」と結果として言えることもおきるでしょうが・・一部の人間の意図的な操作により正確な判断が阻害されるようなことも現実には起きています。

事実を正確に伝えることも容易なことではありませんが、それ以上に氾濫する情報から正確なものを選び出す作業はとても難しいことです。おのずから自分自身が体感し、目で見る、耳で聞くそういったものを基本として考え判断する作業が大事になると思います。ただし、見ただけでは勘違いしてしまうこともあるので世の中難しい・・複数の人の話をあわせて聞く(裏をとる作業かな)。当事者に聞くも当然必要です。

仕事で言うところの「現場主義」に通じますね。伝聞や噂でなく・・自分自身が直接確かめたことを基本におく。私は議員の仕事も基本は同じと考えています。ですから現場には必ず足を運びます。資料・書籍類は原本を自分の目で確かめるまで努力を惜しみません。

55年の人生の経験・過去の失敗も含め、たどり着いた思いです。

|

« えんとつ山入口 | トップページ | 自動車専用道路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« えんとつ山入口 | トップページ | 自動車専用道路 »