« 批評すること、評価すること | トップページ | 愛媛平成市議の会第26回研修会 »

2009年5月10日 (日)

自動車専用道路

連休中に車で大阪近郊まで出かけた。ETC割引を使っての遠距離ドライブでした。高松自動車道・神戸淡路鳴門自動車道・明石大橋・阪神高速を往復した。連休のレジャー客とはどちらかといえば逆コースのせいか大した渋滞にも遭わず移動できた。今回の旅は届けたい荷物があったし家族ずれでドライバーも複数なので、車を移動手段としたのは正解かな・・・

しかし、休憩のサービスエリアの混雑(営業サイドで表現すれば「繁盛」)を目にしながら腑に落ちない気分になった。昔「鈍行列車の旅と特急列車の旅」というたとえがあった、今でも言われることだが・・自動車道での長距離旅行では町の名前の道路標識だけがその町を経由したことを教えてくれる。その町の名前とシンボルだけが目に映る印象で何の肌触りも匂いも無い・・・旅ではなく「移動」なのではないかな・・・

では新幹線は、飛行機は・・どうなんだろう・・・高速自動車道の功罪や建設の是非が国政の議題にあがって久しい、都会に住む住民と地方の住民との「感覚の違い」を議論の争点に挙げる人もいるが・・・今回の「旅」の経験は自分にとってはおもしろい記憶になった。

|

« 批評すること、評価すること | トップページ | 愛媛平成市議の会第26回研修会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 批評すること、評価すること | トップページ | 愛媛平成市議の会第26回研修会 »