« 自動車専用道路・・その2 | トップページ | やっぱ!夏 »

2009年6月10日 (水)

梅雨入り

久しぶりに雨らしい雨が降ると空をながめていたら、テレビで愛媛の梅雨入りを伝えていた。しかし、この程度の雨ではまだまだ安心はできない。松山市に続いて伊予市でも節水対応が始まるそうだ、お隣の西条市も地下水の水位が下がって注意信号が出ている。

降ればふったで多すぎるのもやっかいだが、降らないとなお困る。天候は人間の都合どおりにはならない。自然環境そのものも、そう肝に銘じた方がよい。自然の摂理だけでなく人の世も特定の思惑や、一面的な道理で動くものではないようだ・・・

たとえば議会の運営も、先の読めない世間の一つだろう。私が所属する市議会だけではない、国政の重要な意志決定機関の一つである衆議院も同様である。総選挙の時期もあれこれ言われてきたが・・・いずれにしても議員の任期があることなのでそれ以上はずれ込むことはない。

市議会でも規定の任期でゆくのかゆかぬのか・・・そんな話題が出ている。規定の任期を全うするのも道理の一つだし、過去の慣例や慣行を受け継いでゆくのも道理の一つだろう。しかし、その二つを適当に使い分ける訳にはいかないと思う。無いようであるのが世間の定め

梅雨入りからあらぬ方向へ話が向いてしまった。

|

« 自動車専用道路・・その2 | トップページ | やっぱ!夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自動車専用道路・・その2 | トップページ | やっぱ!夏 »