« 世界につながる別子銅山 | トップページ | 「いしづち」と「しおかぜ」 »

2009年10月 8日 (木)

慌ただしい日々

Ma340211 先月の実行委員会のスナップです。実行委員会の名称は「山根大通りストリートミュージアム実行委員会」、昨夜も同様の会合を公民館で開催しましたが折り悪く台風18号の進路に日本中が注目している最中になり会合の開催を悩みました。新居浜市で大きな被害が発生する恐れは無くなりましたが、本州各地の被害報道を聞くと平成16年の台風災害の現場が思い起こされます。万一の備えは忘れてはいけない・・・TV報道を見ながら肝に刻みました。

8月のプレ企画開催からあっという間に一ヶ月が過ぎ・・・11月21・22・23日の本番が間近です。昨日は台風の風雨が強まる中、神戸と大阪から二組各2名のストリートミュージアム関係のゲストが新居浜に来られました。一組目は田宮嘉右衛門さんの関連企業、二組目は真鍋博さんの自転車コレクションから繋がった関西サイクルスポーツセンターから・・・いずれも昨年にえんとつ山の120周年をやろうと仲間で言い出したときには想像もしていなかった「ご縁」の広がりです。きっとこの広がりは別子銅山の歴史とそれに関わった人々・先人の偉大な足跡が導いてくれているのだと思います。

|

« 世界につながる別子銅山 | トップページ | 「いしづち」と「しおかぜ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界につながる別子銅山 | トップページ | 「いしづち」と「しおかぜ」 »