« 春のこと、あれこれ | トップページ | 公営の合葬式納骨施設 »

2010年3月31日 (水)

桜餅と桜餅(道明寺)

549 526

四国では右側の「道明寺」が桜餅だが関東や東北では左の薄皮で巻いたものが桜餅です。東京のデパ地下の和菓子店で二種類の桜餅に出会ったのは三十年以上前になる。西と東の食の違いは他にもいろいろあるけど・・・桜餅に関しては実物を見せないとなかなか伝わらない。

今回の関東風桜餅と桜餅(道明寺)はどちらも小松町の和菓子店「めしや」のものです。私の知るかぎり東予地方で関東風の桜餅(別名・長命寺と呼ぶ地方があるそうです)を製造販売しているお菓子屋さんは小松町のこのお店だけです。そして販売もこの時期(桜が咲いている季節)だけです。

544 542 545

このお店の事は二十年近く前に勤務先の先輩(小松町在住)から教わりましたが・・・創業が天保9年とは新たな発見でした。勝手に宣伝させていただくとこの和菓子屋さんの名物は「よし乃餅」です。元祖・よし乃餅とうたっているいわれも数年前に聞きましたが・・うんちくを聞くよりもまずは召し上がることをおすすめいたします。

|

« 春のこと、あれこれ | トップページ | 公営の合葬式納骨施設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春のこと、あれこれ | トップページ | 公営の合葬式納骨施設 »