« 別子銅山産業遺産写真コンテスト | トップページ | えんとつ山道普請 »

2010年10月28日 (木)

写真展のその後

Ma340054 Ma340056 Ma340057 伊予銀行・新居浜支店で11月19日まで開催中。

この後、11月27日の週は新居浜市役所ロビーで展示します。12月3日から伊予銀行・西条支店(予定)そして伊予銀行・三島支店でロビー展開催予定です。

今日の決算特別委員会で別子銅山産業遺産の観光振興について「観光アピールにドラマを演出するように」との要望がありました・・・私も同感です。

素材が素晴らしいのですから、どんなドラマでも演出できると思います。広瀬宰平にしても伊庭貞剛そして鷲尾勘解治いずれもドラマの主役です。伊庭貞剛の後を受けた鈴木馬左也も見事な企業人・・・・しかし、忘れてならないのは別子銅山を支えた名もない人々です。何万・何十万という庶民によって支えられた別子銅山の歴史・・・それは日本の近代化を支えた名もない人々の歴史です。

先人の偉業は一人の人間がなしえたものではないと思います。名を残した先人を支えた幾万もの人々のの存在が肌で感じられる近代化産業遺産が群れとし新居浜には残っている。これは私たち新居浜市民の財産だと思います。

|

« 別子銅山産業遺産写真コンテスト | トップページ | えんとつ山道普請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 別子銅山産業遺産写真コンテスト | トップページ | えんとつ山道普請 »