« 公共施設白書 | トップページ | 仕事始め »

2012年1月 3日 (火)

年があらたまって思うこと

Ma340043Ma340036

年頭の挨拶に「改めて『初心』を忘れず、市民の目線で考え行動する」と皆さんに申しあげました。

今の時点では『初心』も『市民の目線』も私の思いの外には具象化していません。年頭の言葉が皆さんに伝わるかどうかは今年一年間の私の行動と発言にかかっています。

市議会議員も3期目に入り、それなりの期待も感じますが・・それ以上に厳しい評価もいただくことがあります。言い訳がましく説明すべきかどうか・・「説明責任」と言うのはある意味便利な言葉です。「見れば判る」を目標に結果を出す仕事を目指します。

一器のうつわに一器の水を盛る

政治家にとって伝えたい思いや事柄を伝えたい人たちがどう受け止めるかは・・伝えたい人たちに受け止める気持ちが有るとか無いとかではなく。

発信する政治家の姿勢や技量が問われるのだろう!

道元禅師の教え「一器水瀉一器」、とは少し違った意味合いになるかな

|

« 公共施設白書 | トップページ | 仕事始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公共施設白書 | トップページ | 仕事始め »