« 青函連絡船 | トップページ | 清明から穀雨へ »

2012年4月13日 (金)

君を待たせたよ

君を待たせたよ桜散る中を歩く
 昭和5年  河東碧梧桐

えんとつ山裾野(立川)で碧悟桐が実際に読んだ句です。
碧梧桐が新居浜(当時の角野村)に来たのは昭和5年と翌年(もしくは翌々年)の2回。
初回は喜光地の喜楽で当時の角野村長、鷲見六郎氏から歓待を受け。二度目の訪問の際は立川温泉に連泊し別子の山々に足を運んだと近藤廣仲伝「清流不○」(○文字が見つかりません)で読んだ覚えがあります。Ma340056

山裾のグランドや瑞応寺の桜は大分葉っぱが目立ってきていますが・・・山中の染井吉野や山桜はこれからが見ごろでしょうかMa340051

|

« 青函連絡船 | トップページ | 清明から穀雨へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青函連絡船 | トップページ | 清明から穀雨へ »