« 曾孫が語る「明治32年・別子大水害」 | トップページ | 総合防災訓練 »

2012年8月29日 (水)

新居浜市レジ袋削減推進協議会

本日の14時から16時まで表記の会合を傍聴していました。
今回が第11回の開催になる第1回がいつだったが私自身の記憶は定かではないが
久しぶりの傍聴です。

協議会の中で『真剣な意見』がいくつも出た
「活動目標(目標値)」を事業者まかせにするのは行政が逃げていると見える!
レジ袋削減協定の締結以来3年3ヶ月が過ぎているの活動の発展が見えない!
行政の指導力が問われている「ボールはすべて行政へ投げられている!」

ゴミ減量に向けての取組みの一環としてレジ袋削減がありました。
ゴミ減量の取り組みは今も続いているし今後も続けなければならない・・・
レジ袋削減はその取り組みの一部です。

しかし、事業の営利活動に係る事柄(レジ袋無料配布中止)を巻き込んだ
この活動について4年目に入る現状を考えると・・

レジ袋無料配布廃止の取組みの当初を知る者として
参加事業者の発した言葉は「重い」です。

|

« 曾孫が語る「明治32年・別子大水害」 | トップページ | 総合防災訓練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 曾孫が語る「明治32年・別子大水害」 | トップページ | 総合防災訓練 »