« モンゴルからのお客様 | トップページ | 太陽光発電 »

2014年1月 3日 (金)

平成26年のスタート

平成26年 大條雅久後援会だより   - 新春号 

 

昨年愛媛県獣医師会は全国に先駆け「野良猫対策支援事業」を始めました。その反響は大きかったと聞いております。今、子供たちの道徳教育が見直されていますが 動物の命を大切にする教育は私たち人間の命を尊重する事にも繋がると思います。

「交通事故から命を守る」を目標の1つとし、道路の改修やカーブミラーの設置など細かな事を身近な目線でチェックしていきます。「東洋のマチュピチュ」という言葉も定着してきました。更なる産業遺産の充実を目指し、鹿森社宅跡の活用を提案していきます。

「オープンガバメント」において 「行政の持つ情報は誰のためのものか」、「誰のために役立てるべきか」という事が問われています。情報をオープンに活用し、市民生活の充実と安全に反映させる事を官民協働で推進するよう取り組みます。

政策提言ができる議員であるために「ひと味違う保守」を意識して、現在所属 会派の結成に参加しました。今年は会派「いずみ会」の幹事長として市議会議員3期目の集大成の年にあたります。新居浜市の現状改善を推進し、真に行政のチェック機能を持つ議会を支え、市民目線での政策提言を続けます。

平成26年 甲午 正月[記]

 

|

« モンゴルからのお客様 | トップページ | 太陽光発電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モンゴルからのお客様 | トップページ | 太陽光発電 »