« 総合文化施設 | トップページ | 恒例の--- »

2014年4月10日 (木)

報道すること

STAP細胞に関する報道が今日もTVや新聞をにぎわしているが、細胞発見論文とその研究者に関する報道とそれが創り出す状況や雰囲気について私は不愉快な気分でいる。
一学術研究の真偽なり正確性がこんなに迄公共電波の時間や新聞紙面を占拠する意味があるのだろうか?
TV報道のワイドショー化への危惧が語られるようになって久しいが、ニュースとゴシップ記事の境がどんどん消えているように感じられる---研究者の倫理はもちろん大事な事だし、研究所の管理体制も社会的責任のなかで論議されるのも当然だろうけど---どのチャンネルを回してもこの話題を論っている。いわゆる「祭り」状態なのは異常に感じる。
私が子どもの頃に聞いた大宅壮一氏の言葉が具現化しているように感じられるのは私ひとりでは無いように思います。

写真は昨日の亀池


|

« 総合文化施設 | トップページ | 恒例の--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 総合文化施設 | トップページ | 恒例の--- »