« 怪文書 | トップページ | 不審火 »

2014年5月13日 (火)

やまじ風





11日から12日にかけて吹き荒れたやまじ風で大木が倒壊していました。中村三丁目の住宅地の出来事です。10年前の台風災害でも床上浸水等の被害をこうむった住宅地でもあり---お住まいの方々にはさぞ不安な気持ちなのではと感じます。
大震災への備え、防災について国も各自治体も知恵や予算を重点的に対応する方向ですが---日々、起こる犯罪や火災。毎年必ず来る台風に対する備えもおろそかに出来ません。
日常生活での防犯防災への備え、地域ぐるみの対応力の充実が基本との思いが、写真にある様な出来事に出会うごと深くなります。

|

« 怪文書 | トップページ | 不審火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怪文書 | トップページ | 不審火 »