« ぽっぽ橋 | トップページ | タイミングの続き »

2014年10月14日 (火)

必要かつ十分とタイミング

ぽっぽ橋の書き込みは、必要かつ十分な公共施設の機能と性能について考えておこうと思ったのがもとです。
「過剰性能」と言った表現が産業界であります。新居浜駅の南北自由通路は過剰性能になっているのでは---?機能UPにともなう支出増は「税金の無駄遣い」と言えるかどうかを何人かの人に問いかけてみました。2つの施設を見比べた方がまだまだ少ないので、納得がいく議論にはなかなかなりません。
私にとっては6億の差は大きい。自分が納得出来る答えが見つかりません。過去の経緯と事の成り行きは何人もの人から聞きました。まだ暫くこの件は引きずりそうです。
私がこだわるきっかけの一つに駅南口の処置の有り様がありました。二度ほどブログで取り上げましたが、完成後の対応、次の展開、活用へのタイミングの悪さです。
完成した施設を遊ばさずに(関連設備等の建設がずれないように)全体計画のコントロールが出来ているかどうか---
施策のガバナンスの問題とも言えるかな---
不満を感じています。
今朝、滝の宮公園の公共下水工事を見に行ったのも「施策のガバナンス」が眼目でした。

|

« ぽっぽ橋 | トップページ | タイミングの続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぽっぽ橋 | トップページ | タイミングの続き »