« 自治政策講座in東京 | トップページ | 必要かつ十分とタイミング »

2014年10月12日 (日)

ぽっぽ橋

JR四国の西条駅にある跨線橋の愛称がぽっぽ橋です。(http://www.city.saijo.ehime.jp/khome/kensetsudoro/oshirase/poppohashi.pdf)

平成24年の10月に開通し西条駅の南北広場と十河信二記念館、四国鉄道文化館の北館と南館を結ぶ南北自由通路になっています。西条市のHPの記載によれば、全長80m幅員4mそして南北に自転車と一緒に昇降が出来るエレベーターが設置されています。
今年の夏に開館した鉄道文化館南館を見学に訪問した際に初めてこの南北自由通路を渡りました。その際、案内して頂いた西条市職員に建設費をお伺いしたところ2億数千万との事でした。(後日あらためて調べたところほぼ3億円に近い金額でした。)
建設費に関心を持ったのは、昨年2月に完成した新居浜駅の南北自由通路出逢いロード(http://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/detail.php?lif_id=24314)の建設費(ほぼ9億円)との比較を考えたからです。6億円近い差額はどう説明すればいいのか---?
出逢いロード(新居浜駅南北自由通路の愛称)建設を承認した市議会議員の一人として市民に説明出来る「答え」を持たねばなりません。

|

« 自治政策講座in東京 | トップページ | 必要かつ十分とタイミング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自治政策講座in東京 | トップページ | 必要かつ十分とタイミング »