« 禅の風 | トップページ | 駅前の芸術文化複合施設 »

2015年1月22日 (木)

良い話と悪い話



今朝の新聞です。えんとつ山を山火事から救った角野中学校の生徒達が紹介されています。当日は私も自宅でサイレンを聞きました。程なくして聞こえなくなったので、忘れていたところ夜になってLightUPをしている伊藤さんから電話をもらい、事の次第を知りました。詳しい話は翌日、消防に確認しましたが、愛媛新聞で紹介された通り子ども達のお手柄です。この数年、えんとつ山に登る方が増えました。寒くてもお天気が良く見晴らしの良い日は何十人もの方々が健康散歩を兼ねて登られています。18日もグループやお弁当を持った家族が山歩きを楽しんでいたそうです。
以上が良い話です。
しかし、登る人が多くなると怖いのが今回のような山火事騒ぎです。一度燃えてしまうと元のみどりの山に戻すには何十年かかかります❗️そんな惨事がおきないよう心して守って行きたいものです。ふるさとの宝物を

|

« 禅の風 | トップページ | 駅前の芸術文化複合施設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 禅の風 | トップページ | 駅前の芸術文化複合施設 »