« 近藤奈々さん | トップページ | 気になっている »

2018年3月10日 (土)

予算質疑が終了


予算特別委員会が9日の夕刻で終了しました。今議会は15日の本会議を残すだけとなりましたが、議長と副議長を除く(除くと言っても同じ委員会室にオブザーバーとして着席しています。発言出来ない分、私も経験者ですが発言できる市議より疲れると思います)24人の委員で予算質疑をしますので意外な気づきを教えられることがあります。今回も幾つか自分なりに調査する事ができました。

《予算審議終了直後に出した要望》 平成30年3月9日  いずみ会 大條雅久 1. 債権管理対策費 債権管理対策は債権管理対策室の適切な指導と共に、各担当課の窓口や徴収担当者の機転や気遣いで徴収成功に繋がることがあります。関係職員のスキルUPに努めてください。 2. 墓地管理費 市営墓地の管理料徴収を早急に開始してください。再分譲を行った真光寺墓地、土ヶ谷墓地の10区画はもちろんのこと管理者が判明した墓所管理者から集金を初めていただきたい。「100%管理者が判明しないと管理費を集められない」は職責を果たさない言い分けと思います。 3. 旧工業試験場解体事業 旧工業試験場解体事業については、「解体、基礎杭の撤去実施について」の妥当性について詳しい説明を実施してください。 4. 空き屋対策事業費 空き屋対策事業についての質疑で配布された「空き家等総数の調査結果」に有る「新規未判定」110軒は危険度Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,の分類をすべきです。市民や自治会、各種団体や事業者に協力を依頼して新居浜市内の空き屋の存在や危険度は極力最新の状況を網羅するように努める体制を持つべきだと思います。 5. 公民館管理運営費 経費の節約や省エネルギー対策は大切ですが、近年の異常とも言える「秋が無い、暑い夏」「非常に寒い冬」等の天候の変動で公民館の光熱費が上昇している様に聞いています。地域活動の拠点である公民館の光熱費管理についてはそれなりの対応をしていただきたい。

|

« 近藤奈々さん | トップページ | 気になっている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近藤奈々さん | トップページ | 気になっている »