« 新緑 | トップページ

2018年4月29日 (日)

高校時代のこと


卒業以来4回目となる大同期会を来年の8月に開催することになり従来の準備会幹事の方々と打合せを始めています。
第1回目の開催が卒業して25年目の事でした、6、7年の間隔で開催し毎回100人を超える参加者で盛況なのですが、開催間隔が長いとおしかりもいただきます。今回も心づもりとしては今年の夏で幹事の方々と話し合っていたのでですが---中心メンバーのS氏の言の通り開催への渇望感の高まりがあってこそ良いものになるのでしょう。
そんなこともあり西高100周年記念誌をじっくりながめています。
巻末の特別寄稿の中に寺岡恩師の「制帽廃止(1970年度)の経緯(いきさつ)について」との文章があります。当時の大河内校長先生の英断については逸話として3年生時に他の恩師からお聞きしていましたが、あらためて1970年という時代を思い出しました。当事者の1人としてその時代を過ごした私自身の文章も記念誌の中に掲載されています。

|

« 新緑 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新緑 | トップページ